弁護士のご紹介

弁護士 高尾實(たかおみのる)

私のモットーは「解答のない問題はない!」「依頼者のためには、 ハガネの心臓で対処!」
です。一緒に解決策を考え、対処しましょう。

最近では佐世保市内や県北地区に弁護士が増えてきましたが、以前は弁護士の人数が少なく、民事事件、家庭事件、刑事事件、その他の色々な事件やご相談が持ち込まれ、その都度、対応してきました。
 
その結果、幅広くいろんな事件を処理することになり、自分自身にとってもたくさん得ることがありました。
 
その経験をふまえて、依頼者のどんな相談にもできるだけ応じるように心がけています。

略歴

  • 長崎県南松浦郡有川町(現在の新上五島町有川)出身。
  • 長崎県立長崎東高等学校、中央大学法学部卒業。
  • 昭和53年(1978年)4月 弁護士登録。
  • 佐世保市において山元弁護士と共同で事務所開設。
  • 日弁連登録番号 :16250

これまでの実績・活動等

平成5年度、6年度、20年度、長崎県弁護士会副会長(兼佐世保支部長)

公益活動・現役職など

佐世保市役所 感染症協議会委員、裁判所関係  家事調停委員、
鑑定人、破産管財人、成年後見人等、多数

趣味・特技

家族との旅行。
おいしい飲食店の開拓・発見。
宇宙の成り立ち、生物の進化、なぜ生物に「死」があるのかなどを
考えたりもします。
名詩、名文を味わうのも好きです。

弁護士 山元昭則(やまもと あきのり)

共同事務所の利点を活かし、長年の経験から得た知恵を出し合い、解決へと導きます。

どんな事件でも依頼者のために全力を尽くすと同時に、相手方当事者からも信頼してもらえるような誠意ある対応を心がけています。

地方都市の弁護士は、町の雑貨屋さんのようなもので、ありとあらゆる事件に対応しております。
 
その中で個人的に特に関心が強いのは、子どもに被害が及ぶ事件です。
 
児童虐待事件に限りません。親の離婚や経済的生活苦の影響で、子どもが否応なしに厳しい境遇に置かれるケースもたくさん見てきました。
 
子どもに罪はありません。そのような事件の相談や依頼がきたときは、できるだけ最優先で対応するように心がけています。
 
そのような気持ちから、子どもを守る活動については、役所の依頼も受けて活動しています。

略歴

  • 長崎県佐世保市出身。
  • 長崎県立佐世保北高等学校、東京大学法学部卒業。
  • 昭和53年(1978年)4月 弁護士登録。
  • 佐世保市において髙尾弁護士と共同で事務所開設。
  • 平成7年度、8年度、17年度、長崎県弁護士会副会長(兼佐世保支部長)
  • 日弁連登録番号 :16251

公益活動・現役職など

佐世保市役所 子ども安心ネットワーク委員会委員
裁判所関係 民事調停委員、鑑定人、破産管財人、成年後見人等、多数

趣味・特技

趣味はフルート。昼休みは事務所内の一室が練習室に早変わりです。
 
月に2回のレッスンを受けており、音楽教室の発表会にも毎年参加
しています。
 
ミュージカル観劇も大好きです。観たい公演があるときは大阪、東京にも出かけていきます。